我が家の愛車ヴァナゴンに乗り、約700キロ近く運転して実家に帰ることになりました。
さすがにこれくらいの距離になると、新幹線のほうが時間的には楽なのですが、小さい子供がいると荷物もそれなりの量になるためです。

ただ、子供が700キロ(約10時間)もの間、車でおとなしくできるか。
子供の最近の動向を見ていると、アンパンマンをみているとおとなしく、かつ楽しそうだったので、映画を車の中で見られる環境を作ることにしました。

まず最初に検討したのがヘッドレストに装着するDVDプレイヤー。
こういうやつです。

特に気に入ったのが、地デジ録画したDVDも再生可能なCPRM(VRモード)対応の商品があること。

TVで録画したアンパンマンが見放題ではないか!

→ですが、結論として不採用になりました。
理由は年に数回あるかないかの車の長旅に¥10,000越えの支払いはちょっとということになったため(苦笑)。

次に検討したのがヘッドレスト棒の部分に装着する車載ホルダー。
お買い得値段だったので即購入しちゃいました。

[TARO WORKS] 後部座席用マウント&ホルダー iPad タブレットPC用 4.3インチ~11.6インチ ユニバーサルタイプ ブラック
¥1,280で購入。
image
image
amazonで検索かけると同種商品がいっぱいありました。
これなんか私が購入したものと違いがないような、、、値段は4倍近くしますが。
【HERBERT RICHTER】iPad/タブレットPC用 車載後部座席ヘッドレスト マウント&ホルダーセット HEADREST TABLET-KIT ユニバーサルタイプ ドイツ製

素材が違うのでしょうか。

購入したものは、装着の仕組みもいたって簡単でした。
赤丸のところにヘッドレストの棒をかませて、
image

手回しネジを締めるだけで土台の設置が完了です。
image

ipadなどのタブレット本体を支える支柱部を取り付けて下準備完了です。

実際にiPadを装着したところがこちら。
image

最初ヘッドレスト1本の支えだけでまともに固定されるのかな?と思っていたのですが、いざ試したところ全く問題ありませんでした。

土台の固定はここの部分のネジをある程度締めるとがっちり固定されます。(締めすぎると割れそうなので注意)
image

iPadが車の走行中の振動でカックンと下向きになってしまわないように、裏にも調整ポイントがあるのでiPadの向きもしっかり固定できます。
image

実際にためし走行したのですが、向きが変わってしまうこともなく、iPadが落下することもありませんでした。

利用目的にぴったりでしたし、安価にすんでよかったです。

○購入費用合計¥1,280
[TARO WORKS] 後部座席用マウント&ホルダー iPad タブレットPC用 4.3インチ~11.6インチ ユニバーサルタイプ ブラック ¥1,280で購入




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください