祖父母が胃ガンでなくなっていることもあり、遺伝の可能性から、胃ガンにならないようにできることがあれば対策を考えないとなぁーと思っていました。

胃の病気に対する予防効果が高いとされているのが「ピロリ菌」対策!と、人伝いに聞いたので、ピロリ菌について簡単に調べました。

Question1
ピロリ菌とは?
正式名称は、「ヘリコバクター・ピロリ」(呼称だけは可愛いので以下「ピロリ菌」)ピロリ菌は、主に胃の中を好み、胃の壁を傷つける細菌。

Question2
なぜ世間一般に知れわたっている呼称がピロリ菌?
ピロリ菌は胃の出口を意味する幽門で見つかったことに由来し「幽門=ピロルス」から取ったため。

Question3
ピロリ菌の影響は?
胃の壁を傷つけ、胃を守っている粘液を減らし、酸の攻撃を受けやすくしてしまう。胃の病気に対して悪影響が大きいため、逆に言えばピロリ菌さえ除去してしまえば、胃の病気になる確率は大幅に下がるとされている。ピロリ菌がいると胃ガンになる確率がいないケースに比べ20倍から30倍位に跳ね上がるケースもあると。

これを調べた私 → (ToT)こわ。

医療機関に行く以外に、簡単に検査を受ける方法がないものかと調べたところ、便利な世の中になったもんです。
郵送でチェックできる検査キットなるものがありました。

~健康管理館~ 胃がんリスクチェック  ピロリ菌検査(尿から) 自宅で簡単にセルフチェック 郵送検診キット ◆プライバシーマーク認定企業(個人情報も安心)

4千円位ででき、かつ郵送で対応できるならサラリーマンの私でも大した手間なくできるので早速チャレンジしてみました。

image

image

検査の流れはいたって簡単。

  1. 検査キットを購入する。
  2. 自宅でキットを使用し尿を採取する。
  3. 郵送のためポストに投函する。
  4. 結果が返送される、またはWebで確認できる。(選択性)

付属の説明書↓
wpid-dcim4998.jpg

私はWEB確認を選択しましたが、郵送後、8日後に確認できるようになりました。

気になる結果は、ピロリ菌見つからなかった!!
よかったです。

○費用合計 ¥3,980

~健康管理館~ 胃がんリスクチェック  ピロリ菌検査(尿から) 自宅で簡単にセルフチェック 郵送検診キット ◆プライバシーマーク認定企業(個人情報も安心)

○所要期間 5分くらい

本当に簡単だったので、うちのオカンにも進めようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です