今日は農産物の収穫の日。翌日の販売に備え、収穫時じっくり観察して、美味しそうな野菜(私が好きそうな物)を見定めてきました。

まずは人参を収穫。

地上に顔を出している葉っぱが大分緑から黄色がかってきました。これ位が収穫時なのかな。

image

イザ引っこ抜いてみると不揃いな形。なぜか。

父曰く「人参が地中に伸びる過程で障害物で、つっかかってしまうとこうなる。

だから人参は土作りの段階でうんと土をやわらかくしてやり、かつ余計なものを取り除いてやる必要があるんだ。」と。

父は時間が足りなかったのでこうなっちゃうんだよなぁ、と苦笑いしてました。

image

次はほうれん草。

寒さに耐えてたからかシャキシャキで美味しそう。

少し大ぶりかな。

image

桜島大根。

本家本元の鹿児島では一個あたり30キログラム位になるそうです。

30キロもするものを引っこ抜くことを想像すると。

機械の力を借りるのは必須な気がします。我が家では環境もあり、一個あたり3から5キロ位で収まっています。

それでも家庭で食べるには十分な大きさかと思うのですが。

image

赤かぶ。

収穫が簡単!軽い力でスポっと抜けます。

漬物で食べると最高です。

image

出荷にあたり、形を整えます。20センチ位、上の葉の部分を残し、あとは切り捨てます。

image

ちょっと横道にそれ、これから定植を予定しているじゃがいもの種芋をお昼後に観察。

まずはワセシロ

特徴としては、ホックホクというより、ややねっとり系。

荷崩れはしやすいので、煮物より揚げる、炒めるが向いている。

image

次にホッカイコガネ

特徴はホクホクで荷崩れしにくい。だから煮物におすすめ。

image

最後はメイクイーン。

ワセシロまでではないもののねっとり系。でも荷崩れしにくいのでカレーやシチューで活躍。

image

これら3つを蒸かしてから並べて一緒に食べ比べるのが贅沢な瞬間(笑)

お昼休憩後、収穫作業に戻り、続いては水菜の収穫。

これから鍋がうなる季節です。

その名の通りみずみずしくて美味しそう。

写真でみると雑草も目立ちますね(苦笑)

image

ブロッコリー。

は、まだ収穫できなそうです。もう少し後ですが、これから寒くなるので霜が心配です。

image

その他、イタリアンパセリ、黄からし菜、ルッコラ、パクチー、里芋、フィノッキオ、たけのこ白菜、ナドナド都市農家ゆえに少量多品目で挑みます。

たくさん買ってもらい、たくさん食べてもらえるといーなー。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください