約20年愛用しているブリジストンのママチャリ自転車。目立った故障もなく今まで利用できているので本当にブリジストン製品はすごいです。

とはいえやはり、機能的にも見た目も維持するためには、細々としたメンテナンスは必要になります。
ブレーキケーブルカバーを今のまま利用してもブレーキ自体は問題なく動作するのですが、だんだん見栄えが悪くなってきたので、ケーブルカバーを自分で交換することにしました。

現状がこちら。

image

経年劣化のためケーブルカバーがボロボロです(笑)そりゃ20年近く雨風に晒されてくればこーなる気がします。

上から見るとこんな状態で、外観が美しくない状態でした。
今回はこちらを交換してみました。

image

まずは、前輪のブレーキケーブルから交換しました。指の辺りにあるネジをペンチかモンキーレンチで反時計回りに回して緩めると

image

黒いカバーにつつまれたケーブルカバーとワイヤーが上にスポンと簡単に外れます。

image

image

この後、ケーブルカバーごとワイヤーを上にスルスル引っ張ると、ケーブルの先端のコイル部分が出てきます。
これを外すと古いブレーキケーブルがワイヤーごと外せます。

image

私は前輪のケーブルカバーと後輪のケーブルカバーを共に交換することを前提に下記のシフトケーブルセットを購入しました。
ですが、結果的に追加でケーブルカバーをさらに購入することになったので同じことを検討されている方は要注意です。
ケーブルカバーの長さに(苦笑)

私が購入したのはこちらです。

SHIMANO(シマノ) ロード用Steel シフトケーブルセット [Y60098501] OT-SP40 ブラック
image

image

こちらのケーブルカバーだけを利用しました。
ケーブルカットのために、ワイヤーロープカッターもレビューで評判が良かったので購入しましたが、結果的には利用しませんでした。
ケーブルカバーの交換だけの場合は家庭によくあるペンチで十分かと思います。
King TTC ワイヤーロープカッター WC-150

image
古い取り外したケーブルと長さを合わせて、同じ長さにカットします。

image

このカット作業後、考慮不足が判明!
今回購入したケーブルカバーでは前輪分をカットした時点で、後輪のブレーキケーブルカバー分の長さが足りなくなってしまいました。
購入前に前輪ブレーキケーブルカバーと後輪ブレーキケーブルカバーの長さを図っておけば分かったであろうはずなのに(苦笑)。
やむなく急遽こちらのアウターケーブルのみの商品を追加購入しました。

ALLIGATOR(アリゲーター) ブレーキ用アウターケーブル Φ5×1800mm LY-220UB ブラック

image
image

材料が揃ったところで、同じ様に後輪も交換します

image
モンキーレンチでネジを緩めます。
image
前輪と同じ様に、ケーブルカバーごとワイヤーを上にスルスル引っ張り、ケーブルの先端のコイル部分を外し、古いブレーキケーブルをワイヤーごと外します。

image
もしワイヤーケーブルも買うことを検討しているならケーブルの先端のサイズを、チェックしてからにしたほうが、無駄な買い物をしなくて済むと思います。
右側の大きいものが自転車のブレーキに付いていた先端、左の小さいものが今回購入したシフトケーブルセットについていた先端になります。
image
外す工程の反対を行い、上から新しいケーブルカバーを差し込んでいきます。
image

最後に元のネジを閉めて出来上がりです。

以下ビフォー・アフターです。

before
image
After
image
取り外したケーブルと新しく取り付けたケーブルを並べてみました。大分綺麗になったと思ったのですが、嫁に
「あんまり、違いがわからない。そんなに違いがわかるのはあなただけじゃないの?」と。

うそでしょ?も~泣けてきます(涙)でもいーんです。自己満足度は高いのでいーんです(苦笑)
image

嫁に罵られても。
同じく自転車の見た目を綺麗にしたい方におすすめの作業です。簡単ですし。

○費用合計 ¥2,475

  • SHIMANO(シマノ) ロード用Steel シフトケーブルセット [Y60098501] OT-SP40 ブラック ¥570
  • King TTC ワイヤーロープカッター WC-150 ¥1,460
  • ALLIGATOR(アリゲーター) ブレーキ用アウターケーブル Φ5×1800mm LY-220UB ブラック ¥445

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です