耐熱性のパネルとタイルで綺麗に覆われていたキッチン。うちの嫁は全面タイルが好き!とのこと。
ならば、タイル張りにしてみようかという話になり、キッチンの衣替えをやってみた。

まずは今のキッチン。

image

どこから手をつけるか迷っていたものの、翌日豪快に破壊されていてビックリ。

image

image

image

なんでも、バールとハンマーでバッキバキにしたらしい。なんとも思いきりの良いこと(笑)

後で色々調べたら、築年数の古い家ではアスベストが使われていたケースがあるので、「既存設備を取り外すのはあまりオススメしません」とのこと。
基本的には既存設備に重ねて上からタイルを貼った方がよかったみたいです。

とはいえ、もーやってしまったので、後にはひけません。

image

せっせと破壊した箇所に下板板を貼り付けて、タイルを貼る準備をします。水道の栓回りで下板に円の加工をする、この作業が毎回時間がかかります。

image

下板を貼ったら、あとは楽しいタイル貼り作業。内装陶磁器質タイル用接着剤 ネバット耐水をタイルに塗る→タイルを貼る、の繰り返しです。

ちなみにこの作業にはタイルカッターが必須です。これがないと細部のサイズ調整が全くできません。最初「こんなもの買う必要ないだろー」と思っていたのですが、トンデモナイ。ものすごい活躍っぷりでした。

image

購入したタイルカッターはこちら
タイルカッター DIY400

くどいようですが、タイル作業にはこれ必須のアイテムと思います。

タイル貼りが終わったら、今度は
目地を埋めていきます。目地材練って、隙間埋めて、綺麗に拭いてと、めんどくさそうだと思ったのですが以外と楽しかったです。
目地が入ると、ずいぶんそれっぽくなります。タイルだけの状態ではガタガタに見えたのですが。

購入した目地材はこちら
内装用防汚目地材 スーパークリーン バス・トイレ ライトグレー

タイル貼りの具体的なイメージをつかむにはこちらのサイトがとても役に立ちました。
タイルの貼り方

あとは、目地が乾くのを待って作業完了です。

その結果、
Before
image

After
image

image

image

いい感じ。
タイルカッターと目地材の効果で見た目がよくなり満足の出来です。

これからは、毎日の使用でタイルを割らないように気を付けようかと思います。

費用合計 19,962円

・タイルカッターDIY400 ¥3,068。
・目地材4kg 一袋¥2,154
・ プレーンタイル (無地) 97角 ¥3,240 (3ケース使用。 ¥ 1,080/1ケース200枚入り)
サイズ:長辺:97mm × 短辺:97mm × 厚み:7.0mm
・ コーナータイル (内装) 97角 ¥1,620
(3ケース使用 ¥ 540/1ケース15枚入り)
サイズ:長辺:97mm × 短辺:97mm × 厚み:7.0mm
・ 内装陶磁器質タイル用接着剤 ネバット耐水 5kg缶 ¥6,280
・ラワン合板3,600円(長さ182cm幅91cm厚4mm、1枚1,800円を2枚)

所要時間
2日(6H×2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください