T4まいすたぁさんで得た知識は貪欲に吸収!

またもや、以前お邪魔した際に、まいすたぁさんがおすすめ(実際は、「T4まいすたぁ」さんが同じメーカーのものを使って「便利だよー」と教えていただいただけ。)のマルチメーターを装着しました。いや、正しくは置いているだけです(^_^;)
ものはこれ。

マルチメーターはスグレモノということでして、これを付けとけばバッテリーの状態をある程度まで把握できるようになるのです(あくまで参考情報ですが)。
「そろそろバッテリーがヘタってきた」とか
「電圧が安定しているからまだまだバッテリーを交換する必要はない」とか。

使い方は至ってかんたん、本体に電池を入れ車ではシガーソケットに差し込むだけ。

ちなみに私の場合で計測してみるとアイドリング中で13.5V

取扱説明書によれば13Vから15.9Vは良好な証の様子。まだまだバッテリーを交換しなくて大丈夫そうです。

両面テープだけでつけられますし、外気温も検知できるし、なによりも精神的な安心が得られます。まだ私はベストな配置が決まっていないため、固定できていないのですが。

どなたかおすすめの配置とかあればぜひ教えてください(-_-;)




3 comments on “ヴァナゴン(T4)の日常のバッテリー診断にマルチメーターを使う (記録18)

  • 今日は。
    私もヴァナゴンに一目惚れして、古い外車への知識もないまま手に入れてしまい、ノウハウを検索してたところ、こちらに辿り着きました。

    早速ですが、ヴァナゴンのシガーソケットは電源が常時オンだと思いますが、このメーターを繋ぎっ放しでお使いでしょうか?

    当サイトを拝見して早速買ってみたものの、バッテリー上がりが怖くて、エンジンオンの時だけ繋いでる状況です(ソケットへの抜き差しが面倒です)。

    使用方法で参考にさせて頂けたらと思います。

    その他の記事も大変参考にさせて頂きます。

    では、失礼致します。

    • コメントありがとうございます!
      私も車メンテに対する経験がほとんどない中、デザインや乗った際のエンジン音等に一目惚れしてヴァナゴンを手に入れてしまいました(苦笑)
      ご質問の件ですが、私も1日の乗り降りの際(買い物や出掛けた時など)の最後にシガーソケットから外しています。
      この作業が微妙に面倒だったので、ヴァナゴン乗りの方に過去同じ質問をしたところ「ずっとシガーソケットに挿しておいて問題ないはずだよ」と回答頂いたのですが、どうも不安でして^^;
      どこかで時間を区切って(半日、1日、3日つなぎっぱなし等)、問題ないか試してみようかなと思いながらも、なかなか実際に体験できていないのが現状です。お役に立てずすいません。

      • 早速のお返事ありがとうございます。

        やはり心配ですよね。

        私もしばらくは、抜き差ししながら使わせていただきます。

        また色々と質問させていただくかと思いますが、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください