かれこれ6年は使っているCanonのMP630複合機。
早々と格安インクで詰替えを行い、しかも一度使わなくなったら2ヶ月近く全く使わない期間もあるという、なんともイレギュラーな環境で利用されている我が家の複合機。

最近、擦り切れた印字しかできなくなったり、変な線が入るという現象が多発し、そのたびにプリンター機能に付いているクリーニング機能を利用しましたが直らず。

こりゃいよいよ買い替えかなぁと思っていたのですが、最後の悪あがきをしてみようかと思いまして。
壊れてもしょうがないという覚悟のもと、プリントヘッドホルダーにお湯をかけて洗い流してることにしました。

まずは、プリントヘッドホルダーを複合機から外します。外したプリントヘッドホルダーの丸いところにインクがたんまり乗っていて、色が付いていました。触るとジワッと溢れてきました。

image

このプリントヘッドホルダーの赤丸箇所に温かい程度(40度位)のお湯をチョボチョボかけて色が浮き上がらなくなるまで3〜4回行います。それを終えたら今度は醤油皿のようなところに軽くお湯を貼り、下の赤丸箇所が浸かるように浸します。

image

この時プリントヘッドホルダの背面にあるICチップにはお湯がかからないように気をつけます。ここにお湯をかけて壊れたというような話がWebにあったので。

洗い終わった後がこちら。

image

インクがきれいに流されました。

インクがにじみ出てこなくなったら、お湯がたれない程度に拭いて、複合機のもとにあった場所に戻します。

image

固定ロックを下げてインクをセットして早速何枚か印刷します。

image

すると見事に復活!

スジナシ、印字鮮明もとに戻りました。良かったー。これでまたしばらくの間使えそうです。

正常に動くプリンターはもってのほかですが、も~捨てようと言う覚悟があれば1回試してみては如何でしょうか?(笑)この段階であれば、壊れるリスクを踏まえてもチャレンジする価値がある気がします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です