ヴァナゴン(T4)のスライドドアレールを修理しました(記録2) で発覚した、ヴァナゴンのスライドドアレールの緩みを締め直しました。

結局、トランクのジャッキがしまってある場所から頑張って手を伸ばして増し締めし、作業完了です。

作業手順としては、まずジャッキがしまってあるボックスを開けて

image

ここから手を入れます。

image

内張り全部を外さないと増し締め出来ないかと思ったのですが、以外にも手を伸ばせばできました。
手が届けば、内張りをはがさなくて済むので、かなりの作業負担軽減です。

大体のネジ位置(赤丸箇所)をつかんだら

image

ここからは、気合いで手を入れてネジ位置を探ります。

image

結構ギリギリまで手を入れて、やっとネジ位置にまで届く感じでした。

もーカタカタいわず、がっちり固定されています。
image

販売店さん曰く、結構ヴァナゴンではスライドドアレールの緩みはよくあるそうなので、点検時に合わせてこの点もチェックした方が良さそうです。

実際私のヴァナゴンでは、がたつきのところから、やや雨水が内部に侵入しかかっていたので。

増し締め出来てまたひとつ気分がスッキリです。

所要時間
1H程

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です