杉材で味をしめた床張り。木の質感が好きなのです。質感だけでなく匂いも。ということで、次は桧で別の部屋を張り替えることにしました。

張り替え前の部屋

image

フロアカーペット。中古で購入した家に元々あったものですが、だいぶ汚れてました。

image

まずは、このフロアカーペットをひっぺがして下地材を全体に敷き詰めます。

image

前回もそうだったのですが、下地材の敷き詰めのためのサイズ調整のカットに時間がかかりました。作業効率アップのためには、採寸て本当に大事です。

買ってきた(お店でカット済み)無垢材を並べてイメージ確認。

image

image

2部屋目ともなると手順に関しては大分慣れてきました。

image

あとはもーひたすらボンドとインパクトドライバーの繰り返しです。

image

要所要所の端っこの調整は綺麗に仕上げるためにはやむなしなのですが、やはり時間がかかる。

image

最後は掃除をして完成です。

結果
Before

image

After

image

image

素人作業なのでよーくみると端っこが整っていない等があるのですが。
うーん惚れ惚れ(自己満足)
洋室全部加工したくなってきました。

費用合計 33,660円

・桧板 20,460円(長さ400cm幅9cm厚15mm、10枚束で6,820円を3束)
・ラワン合板10,800円(長さ182cm幅91cm厚4mm、1枚1,800円を6枚)
・木ネジ0円(3.3×4.0、1,250入りの前回の余り分のうち、350本くらい使用)
・ コニシボンド 床職人 KU928C-X アプリパック 600ml  2,400円(一本あたり800円を3本)

所要時間
1日(8H)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください